[画像]K.K.
[画像]K.K.

就職活動の「想い」

高校生の頃からものづくりに興味があり、また機械をソフトウェアで制御することに魅力を感じ、大学ではソフトウェアを学びました。私が就職活動をしていた当時は、同級生のなかには、システムインテグレーターやソリューションビジネスを志向する人も多かったのですが、私はあくまでも「ものづくり」の観点から会社選びを行いました。
幼い頃の私にとってパソコンは「何でもできる宝箱」のような存在でした。こうした思いが強くあったため、学生時代は肌身離さずパソコンを持ち歩くタイプでした(笑)。なかでもThinkPadは、かなり早い段階から使っていました。レノボに決めたのは、子どもの頃から魅力的と感じていたThinkPadをつくる仕事に携われるということが、大きな要因でしたね。ソフトウェアのエンジニアといっても、就職する企業によって担う仕事は、ずいぶんと違ってきます。レノボではエンジニアは基本的にThinkPadに関わる仕事ができるという明確なビジョンが描けたことも決め手となりました。
また、就職活動ではThinkPadづくりに携わっているエンジニアの人と話ができたことも、楽しかったことして記憶しています。当時の私は就職活動中とはいえ、まだひとりの「ユーザー」でしたが、自分なりの「ThinkPadは、こうすればもっと良くなる」「ThinkPadを、さらに良くする仕事がしたい」という考えや思いを夢中になって話せたことは、緊張した思い以上に、単純に嬉しかったですね(笑)。もちろん、どれほど相手の心に響いていたのかはわかりませんが(笑)。ただ、入社してから当時の面接官と顔をあわせた際に「なかなか面白い視点だったよ」と言われたりしましたから、学生時代の私の視点は、あながち的外れではなかったのかもしれません。

[画像]製作風景

現在のミッション

入社以来、一貫してソフトウェア開発を担当しています。主にThinkPadの基礎となるドライバーを中心としたユーティリティ開発を担っています。開発に携わった機能は、どれも世界でまだ実現されたことがない機能であることがほとんど。まさに世の中に「革新」をもたらす機能をソフトウェアで実現する仕事だと言えます。レノボでは、アドバンスソフトウェアと呼んでいます。
レノボでは、素晴らしいハードウェアをつくり出すことで、ThinkPadを世に送り出していますが、“ハードウェアにソフトウェアという付加価値をつけてさらに良いものにする、(もちろんソフトウェアだけで生み出す付加価値もありますが)ハードウェアとソフトウェアがThinkPadという製品内で融合することで、大きなシナジー効果を生み、そのことが大きな価値創造につながる” そんなソフトウェアを生み出すことが私のミッションとなります。

[画像]製作風景

アプリケーションを担うソフトウェアと違い、私の場合はユーティリティということもあり、机上で考えるばかりではなく、実際にお客様がどのようにパソコンを使っているのかということを「市場調査」することもあります。私たちは、開発にあたって「お客様はこう使うだろう」ということをさまざまな角度から検討していくのですが、そこで得られる情報は、多様化する全てのビジネスシーンを網羅しているわけではありません。ある機能を考える際には、電車の中やカフェなどでパソコンを使う人の動作をウォッチすることで、参考にすることも多々あります。
また検証する際には、世界中で拡販される全てのThinkPadに搭載されるソフトウェアになるだけに、私自身が「グローバルに活躍するビジネスパーソン」になりきって(笑)、考え得るあらゆる想定をもとに、使い勝手を確認していきます。

[画像]製作風景

仕事の手応え

私のミッションは「ソフトウェアを通じてThinkPadをより良くする」ということです。ですから、マーケティングから依頼される要件を形にするばかりではなく、むしろこちらから「こんな新しい機能が考えられるのだけど、製品企画に盛り込んでもらえないか?」と提案する場面も多々あります。こうした提案が採用される頻度は、私が入社した数年前と比べても、ずいぶん高くなってきていると感じています。
ThinkPadのDNAは、“お客様がより効率的に仕事ができる機会を与えることができる” そんな道具にするということにあります。机上にいながら、世界中とシームレスにコミュニケーションを図ることができる道具であること。私が担うアドバンスソフトウェアは、まさにその部分を担っているわけです。パソコンを取り巻く環境は日進月歩です。日々新しくなる。その進化を先取りし、ソフトウェアという分野で世界中のお客様へ新しい価値を生み出していく。このことに大きな手応えを感じています。
お客様の使い勝手をあらゆる角度から想定し、検証し、製品として結実させていくのですが、時として「お客様の使い方」は、私たちが想定した範囲を大きく逸脱することもあります。こうしたことはクレームとしてあがってくるわけですが、クレームは、決して良いこととは言えないものの、一方では大きな気付きにつながることも多々あります。

[画像]製作風景

例えばノートPCやタブレットを持ち歩く場合のことです。レノボの製品では、過剰な振動が筐体に加わった場合、あるいは落としてしまった場合、ハードディスクを保護するために、止まるように設計されています。そのため、外に持ち出して使うことも想定したうえで、その振動が「正常の範囲」なのか「異常事態」なのかを決めているのです。しかし、その想定が私たちの範囲を大きく超えていたことがありました。結果としてそのことは、お客様から「移動中に使うとすぐに止まる」というクレームとして顕在化したのです。製品を振動から守るために止めているのに、それを動かしていたら壊れてしまう…。さあ、どうするか? レノボには、こうした一見解けないパズルを解くことで、新しい機能へと昇華していくケースが数多くあります。私もこれまで、こうした「解けないパズル」を解いてきました。そのことは、レノボにとって大きな財産になるとともに、エンジニアとしての大きな手応えにつながっていると感じています。お題を投げかけられた時は、しばらくは途方に暮れますけど(笑)。

[画像]製作風景

心掛けていること

NECPCとジョイントすることで、両社の違いについて考えさせられることが多々ありました。NECPCは、あくまでも日本をターゲットとした製品開発を行っています。だから、レノボ側から見た場合、「これは日本人が好きそうな、いい機能だな」と思えるものがたくさんあります。しかし、私たちはワールドワイドなお客様を見る視点で考えなければならない。日本人のエンジニアである私が「これは必要な機能だ」と思っていても、ワールドワイドな視点で捉えると「それは必要ない」と判断されることもあります。NECPCの製品に顕著な、日本人的なキメの細かさ、綺麗さはうらやましいと感じることもあります。しかし、一方でレノボは、ワールドワイドな視点で製品を生み出し、市場での評価を勝ち得てきたという歴史もあります。日本人的な視点、あるいはワールドワイドな視点、そのどちらが良いということではなく、NECPCとレノボがグループとなることで、その2つの視点を融合させた「第三の視点」を考えることはできないか。これから、パソコンというデバイスは、今では想像もつかない「何か」へと変貌していく可能性があります。そのためには「第三の視点」という考え方も必要なのかと感じています。もちろん現段階では私自身模索中ではありますが。
NEC、そしてレノボ、この両社は業界をリードする企業であると思っています。自分たちが業界を育てているという自負もあります。だからこそ、私たち自身が「PCがある新しいしあわせの形」をどう創造していくことができるか。そのことに仕事でチャレンジできることは、エンジニアとして大きな喜びだと実感しています。新しい世の中を創っているという手応え。そのことを常に感じながら日々の仕事に取り組んでいます。

[画像]製作風景

私が常々感じていることは「世界を変えるのは、何て地味なことなんだろう」ということ(笑)。学生時代は世界を変える人というのは、派手に大きなことをすると思い込んでいましたが、それはきわめて表層的な考えだったと今では思います。世界を変えるというのは、日々の地味さとどう向き合うのか。またその地味さに耐えることができるかどうか。このことがとても重要であると感じています。例えるならトンネルなどの「穴掘り」でしょうか。いつかこの先に光は見える。そう信じて、暗闇のなかでトンネルを掘り進めますよね。あの感じ。エンジニアの世界もまさに同様だと思います。

[画像]K.K.

これからの夢・目標・Vision

「こんな機能があるからThinkPadを買う」とお客様から言っていただけるソフトウェアを生み出すこと。それを1つでも多くつくっていくこと。それが当面の目標です。そのことが新しい製品開発につながり、現時点ではできないことが、できるようになる。私に与えられたミッション自体が、私自身に課せられた大きなチャレンジであると捉えています。

[画像]K.K.

自己研鑽

私自身、「プロの仕事」「一流の仕事」について憧れを感じています。それはどんな分野でも良いんです。スポーツ選手、あるいは寿司職人など、どんな分野においても、「プロ」「一流」と言われる人は必ず存在します。
趣味は「食べ歩きの旅」ですが、単なる「グルメツアー」ではなく、可能な限り「一流の仕事」を加えたツアーにしたいと思っています。ただ単に「おいしい」だけではなく、プロの仕事を味わうことで、大きな刺激を受けることも多々あります。一流の仕事だからこそ得られる感動的なドラマには、エンジニアである私にとって、自分を磨くためのヒントがたくさん隠れていると感じています。

Page Top